Works III

by MC Taniguchi

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥700 JPY  or more

     

1.
もっともっと韻を踏みたい… どうもTaniguchiです 漢字で書くと 「渓谷」の谷に「経口」の口 蛍光灯の下 音の稽古 喉仏の向こうからお届けしよう リスナーたちが指下ろすのは 登録ボタン?それとも戻るボタン? ももクロちゃん並にジャンル広く横断 ヨーヨー・マからロックンローラー 語彙力はDaiGoの背後の本 比喩力は大悟のサイドのノブ 言葉 ボタニカル柄 音に座れば牡丹になるから 隣の世帯?区内?都内?国内?国外? できれば未来・異世界にも見せたいスタイル つまりは もっともっと韻を踏みたい 韻を踏みたい… 韻を踏みたい… もっともっと韻を踏みたい… プロアマ問わず工夫を凝らす 雨後の竹の子の隙間を探す ライバルは「ほんだのばいく」 君のポッケにPUNCHLINEモバイル ときに皆を楽します Switch ときに皆を怖がらす 乙一 こちらLyrical C.C.レモン ひとり仕切るTANIGUCHI DIVISION カラフルに描き残す 音を缶詰め アンディ・ウォーホル 音は混ぜてく もんじゃ 言葉粒揃い Gong cha Make money 優雅に過ごしたい あとSpotifyのリスト載りたい それもあるけど根底は もっともっと韻を踏みたい
2.
チキンという言葉食らうのは嫌だけど チキンを食らったら超おいしい 傾向として鶏口からのコケッコーは結構ノイジー キリンさんが好きです でもチキン南蛮もっと好きです ビリー・バンバン また黄身に恋してる 白身にも恋してる 殻はポイしてる in the kitchen from 安楽椅子詩人 トサカの人気 like JSB 胡椒少々 made by S&B 肉垂れはバーガンディ 中華屋の看板に棒々鶏 そう これが鶏肉のリリック 俺はこの1トリック取りに行く 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 高タンパクのバース吐くために 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 毎日を駆け抜けるうえで 俺には鶏が要る 大切なファボ 解説は野暮 多聞のみならず諸手で稼働 輸入されてきた音楽 こちらでシャモやチャボに変えるからCome on ひよっこから高年齢 We're all golden eggs 時期を調整しながらも オーセンティックな挑戦してく 生きている限り高評価も低評価も両方つくね ならば少しは賭けてけ 思考回路をスライド てけてけてけてけ… ドラムサンプルと一緒に 調理バサミでササミもチョップ&スライス ショットグラスをそっと掴む 深夜営業のこっこクラブ 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 高タンパクのバース吐くために 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 俺には鶏が要る 毎日を駆け抜けるうえで 俺には鶏が要る
3.
花だね 04:14
暖かだ もう春なのかな あとはやるかどうかだ  サルバドール・ダリが時計曲げたからか 時が経つのが早い 干したシャツもアイン・ツヴァイ・ドライでドライ だからトラジばりに魂燃やしハイジばりにトライ トラジ・ハイジばりのファンタスティポが観たい 有り難い 聴いてくれて 俺は市場もわからない だけど奏でたい それは変わらない 見せ方を誤って損した あーいや待ってその前にまだ真ん中が半生か 熱弁ふるう赤らんだ頬は 傍から見ればあんたがたどこさ でもOK 我に返るまでがハレ 食いしばれ 今何位かもわからぬヨッシーバレー アンビバレンス 心の地割れ のむべきは厳しいアドバイスよりTHE ALLEY 思い出すもの 思い出に残すもの 整頓されていく さまざまなこと 花だね 花が見たいよね 春はなんだか懐かしくなって どういうつもりか「どうぶつの森」や「洞窟物語」のことばかり検索 Windows XPの時代から積んできたEXP 少し懐古 魚釣って虫取って雑草むしり取って過ごしたいよ でも もう26 現実という部屋 二重ロック 十数年はほぼパーツ全交換 人生観も人間関係も変わる 肩の荷も増加の線形関数 また必要だな 櫃の中 メンテナンス 2分の1に囚われると見失う自分の位置 新聞の記事載ればうれしい ただ気分の維持 それも大事 思い出すもの 思い出に残すもの 整頓されていく さまざまなこと 花だね 花が見たいよね 徐々に徐々に増えてきた届け先 見つけてくれた方々におもてなし ラッシュで疲労した人のLUSHになる こちらも楽しい暮らしになる 言い切るのは気持ちいい アルコール度11 考えるのは難しい 成歩堂龍一 自己研鑽と自己顕示 比率は皆不一致 気にしだせばグリッチ 暖かだ もう春なのかな ゴール遥か遠くだ 道をつなぐカルカソンヌだ 積み上げていくハーモニー 上り坂の音楽 Mステ×ブラタモリ 思い出した 俺の工作は なんでもないけどなんでもありや お惣菜が今日もうまい あのレジのおばちゃん まさか俺が韻踏むとは思うまい 思い出すもの 思い出に残すもの 整頓されていく さまざまなこと 花だね 花が見たいよね
4.
まとわりつくL'OCCITANE お前を押し出す両国国技館 愚者をヘッドロック ローストしてレッドロック 一言一言が天才子役 神の啓示の現代語訳 突っ立ってる奴ら圧倒 俺が防衛大 奴らは棒 計算しつくされたノープラン ファーストペンギン トム・ブラウン 韻律を詰めたコールマン 背負って旅立つホームタウン 口の周りにつくマキアートのフォーム 耳の中につく新しいアートのフォーム ハートの奥 足跡残す これがミュトス&ロゴス ジュンク堂の本 順不同にshuffle 俺とライムは豚とtruffle まるで高校生のドリンクバー 方向性超越のミキサー フィジビリティの閾値 Easy Breezyに超えてく生き字引 未来予測 いみじきGBDT 動詞につけるWill ジーニー Gettin' Jiggy Wit It トリック編みだす剛昌 fo sho 俺のスキルにビビる高所恐怖症 羽根広げるバズ・ライトイヤー 責任感 アルバイト未満 侍のリリック 舶来のリズム Unofficialに放つダンディズム これは言語の闇鍋 音楽グルメも涙目 可愛いギター弾き語りの代わりに 魂を放ちしタンバリン係 この音楽はFOREVER 21? 22 23 24 25 26・・・ わんこそばのスピードでフレンチを出したい 質と量の天秤壊したい そしたら皆にお礼状だ メンバー紹介 俺、以上だ
5.
D E C A F 01:37
言葉吐き 音鳴らし 喉渇き 午後11時 あ そうだ「戸棚の奥の浄化の王」こと紅茶飲もうかな 脳内プロパティーのバグ 取り除くのはティーのバッグ だがそれが大きなトラップ 穏やかな就寝にパトランプ 脳内ループ メーガン・トレイナー 眠気吸い取るメガドレインだ ただでさえ未来考えると寝らんねえのによお てやんでい畜生 思わずべらんめえ口調 いやいや ヘアメイク道具・エアメールの便箋と一緒 適したもの選んでいくのが安全でしょう ほら紅茶に召喚 こいつ C8H10N4O2 テンション高さ エメラルドマウンテン アデノシンに割り込み運転 無駄にみなぎるエナジー ノリノリに乗るアドレナリン そんなカフェインを「韻」だけにする デカフェを俺は当てにする
6.
低い位置なのは重々承知  だが飛躍しない論理で飛躍したいストーリー 慎重に選択する要点 マンションの一室置く帳面 おしゃれに形骸化した叙情 俺の新たなダサさと交換しよう 繊細な精彩を今再生 動くしかない すぐ来る来年 のぞみ号が車輪すり減らした 深夜バスはタイア削ぎ落としな 豊かで深し 吟ずるこの手記 「煙は無理よ」歌い 吸うのは空気 オリーブの一部の鱗毛にも染みる コツコツ貯めた韻に皆ビビる 洗車リムジン 隣に愛猫 漠然たる夢もここにはないよ 終わる青春 順番に来る通過儀礼 日本酒悠然と飲む中間地点 瞬足から革靴ってね 男子から男性に変わるっつってね だが忘れぬ子どもの頃 いつも大切なオモコロ 意味ないようでキリっとくる勉強 何もない虚空をルンバで清浄
7.
Hook: おはよう モーニングルーティンを提示 音の宇宙 君を変えるジョージ・クルーニーの啓示 左脳のページに描かれたラリー・ペイジ 右脳のページに描かれたジミー・ペイジ さながらブルボンアルフォート 実は目の前にある航路 日常に隠れた冒険に手を焼いたちびまる子ポーロ 平和でもない終末でもない だから選び続ける さあ めざめるぜ さめがめみたいに駒を揃える Koki Cocomi 叩き起こし 嵐起こし 静かに駆動 見つめたデンターシステマ 歯が命 Mr. Bigのよう 安眠ありがとう I'm an アーリーバード 最近残金チャージしていないICカード 体重の一の位 切り捨て御免 ミニッツメイドへ起立 礼して整えるぜ自律神経 roomからroomに辿り着く Zoom Zoom Zoom Zoom通して ああ ときに生活は 急峻 急峻 どうして? (Hook) 昨日のスーパーマンは今日のスパマー ハートが点滅中のロールパンナ 今日も両端にはコウペンちゃんとショーペンハウアー その間をさまよい探検していく少年漫画 数万回の判断の上 キャリブレーションを重ねて 作り上げたイズム リズム 信頼に足るはずだぜ 発見してきた味噌でモツを煮込み 上手にソース読み取り卒業見込み (Hook)
8.
テレ!というSEでMCが登場 テレビに映らない情緒 テレタビーズみたいな色彩の奇才 定例に背いた先が見たい スマートターザン 雄叫びがアマゾンにエコー 発信するアール・デコ 窓の外眺めるアメリ 譜面泳ぐスナメリ 実るstrawberry 電子世界とインターステラー また画面にはSyntax Error 音はようかん 韻はカステラ シベリアラッパー in da house てな 昨日のゴーストと勝負する速度 「ゴースト」ばり回す頭のろくろ 悩んだときに手に取る紙はKOKUYO no coke, yo... 1/fゆらぎとは程遠いA♭ファンクに しびれ出したデンキウナギ 錆びれた私にデッキブラシ 六畳に鳴り響くQWERTY 一人でREC 少し虚しい you and me 繋げるIP WIP… WIP… 今日も笑ってるコジマの太陽 今日も燃えてるMozillaのFirefox 転がってきたタンブルウィード 浮世は複雑なジャングルジム 外した午後の紅茶のキャップ 誰がなんと言おうと茶葉感UP 私も負けずに音楽をアップ 解きごたえのあるRAP これSCRAP 与えられるストックオプション まだぎこちない動き ストップモーション 社会の海への進水式 ラジャス・タマス邪魔する深層意識 部屋は狭いけど羽根伸ばさな 空見えないけど羽ばたかな 萎れたハート リロード開始 ビオレママとリモート会議 1/fゆらぎとは程遠いA♭ファンクに しびれ出したデンキウナギ 錆びれた私にデッキブラシ 六畳に鳴り響くQWERTY 一人でREC 少し虚しい you and me 繋げるIP WIP… WIP…
9.
ひとりで重奏 撞着musicどうぞ 聴こえる音は重厚だけど私は室内でソロ バンド仲間にTELするか それNative Instrumentsに問い合わせることになる ひとりで重奏 Let's go 皆さん、いかがお過ごしでしょうか まだまだでしょうか もう少しでしょうか どの予想も「ひょっとしてそうかも…」 ゾッとしてもホッとしてもNoということ? 五ヶ月前はマッハGo Go Go 今は少し隔靴掻痒 ただ汚れたキッチン見て見ぬ振りして 「やることないな」と言っているふしがある 歩行が唯一の運動だった 体固まった 腹は柔らか 「◯秒でできる腹筋!」 あれ何セットもやるから秒数無意味 外で遊ぶ夢見てた 先導と扇動の記事間違えた 朝はチェックする補償の情報 夜は焼いた肉 胡椒を少々 ひとりで重奏 撞着musicどうぞ 聴こえる音は重厚だけど私は室内でソロ バンド仲間にTELするか それNative Instrumentsに問い合わせることになる ひとりで重奏 Let's go まだ片付けないキッチン 転がるNISSIN 立身出世は遠い 人生のドレッシングがミッシング 試しにドレミ Sing 小石蹴っていじけてもいいけど 非力ながら自ら律してって 意識徹底 立式で意思決定 才能がピッカピカの一年生 家族 仲間 セブンイレブン 私に希望の成分入れる Docたちがまとめた .doc 心も解除するオートロック 発揮する引きこもり耐性 冬眠のクマに見劣りしないぜ 聞けなかった送辞 言えなかった答辞 後からでいい 今は身を投じ そろそろキッチン掃除 がんばろう ひとりで重奏 撞着musicどうぞ 聴こえる音は重厚だけど私は室内でソロ バンド仲間にTELするか それNative Instrumentsに問い合わせることになる ひとりで重奏 Let's go
10.
02:27
「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」の不思議さを 「車輌」の「輌」の不思議さを伝えた〜い… くるまの「車」に両さんの「両」で車両 馬車馬の「車」に千両箱の「両」で車両 その「車」と「両」をくっつけると やっぱそうだ「車輌」の「輌」 なんでだろう 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」は「輌」だけで「車両」 「車輌」の「輌」は「輌」だけで「車両」 「車輌」の「輌」は「輌」だけで「車両」 「車輌」の「輌」は「輌」だけで「車両」 「車輌」の「輌」だけ見てるのに 「車両」に見えてくるなんて 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」って無視できない! 「多量」の「量」は不思議じゃない… 「材料」の「料」は不思議じゃない… 「魅了」の「了」は不思議じゃない… 「占領」の「領」は不思議じゃない… やっぱ 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」って不思議じゃない? 「車輌」の「輌」の不思議さを 「車輌」の「輌」の不思議さを伝えた〜い…
11.
今晩は con brio これさながらどんぶりまんトリオ DOBERMAN INFINITYとは正反対 絶対乗れないオリコン ステレオサウンドのポートフォリオ ステラおばさんのポトフよりも 熱いオウンドメディア 噴き出すマウントレーニア Switchの在庫がない代わりに人生 実況プレイ 単語から単語 飛んで回ろう 問われる敏捷性 ほら守から破から離 しっかりレールに乗ってる下りはつかり なんだしなんだし AGCみたいに丈夫なMC 滑車回す俺ジャンガリアン がんばるジャン・ヴァルジャン 奴らワードサラダ 俺パラパラ皿盛られるボキャブラジャンバラヤ カンカンカン 俺調子のよい鍛冶屋 Top-tier Top Gear まるでBKB I'm here 自分に挨拶 ひとり公共広告機構 そしてスピーカーの前 ひとり交響曲を聴こう everyone 用意しようトクホのコーラまたはトリスのハイボール 待望 お待ちどう 俺がdropするテトリスの長い棒 心に効く表情 まるで浅漬を授ける川平 ジャンビーヤよりダンビラより鋭利なrhymer ラップはしんぼる 音は猫塾 組み合わさり感性放出 伽椰子と俊雄くんすら俺が記すdiaryに恐怖する 世は大発信時代 プロモーションの相当な精鋭が集う でも次の動画を出すのも前の動画の宣伝活動 コンテンツ過多の中 見つかってく自分の魂 ライバルははーちゃんねる 今日も右手にJagabee ヴンダーカンマーに陳列するハンマーカンマー 韻のアンバサダー 君に張り付くアンダーアーマー また面白おかしな歌詞がメモアプリの中に並んだ 俺はメカニカルな韻 踏みつけていくだだんだん I'm done and done.
12.
ODORUNDARO? 02:15
満を持して押す 動画の送信ボタン 悪党にハイキック まるで毛利の蘭 時代は移り変わる さながら応仁の乱 散らかった思考を集める 神経の掃除当番 Hi! こちらたいめいけんとHeinekenのぜいたくコンボ 回れレコード 並べる音素 奏でるコードの家内制手工業 俺がこの部屋の知事 俺が俺に指示 俺が俺を支持 確立したロジスティクス 平坦な道じゃない 46 Maroon 5はMoves like ジャガー 俺 一日一歩 Moves like チーター 影響力ゼロのフィクサー 夢を与えないピクサー ポモドーロのロコモコのごとく とことんコトコト煮込んだ日本語どう? この音楽 ヴィレッジ・ヴァンガードで流れる ニューヨークの めかぶと生卵 ミルクとカルダモン 俺とミュージック 乗り込むラブワゴン 誰でも最初はマニュアル通り でもそこから成長する マルマルモリモリ 照らし合わせる 組み合わせる回路が俺たちのbelonging 単語を挽いてさらに引き立てる音楽界のDe'Longhi MISIAみたいに歌い上げ NISAみたいに積立 ラップでご飯は食べられないけど人生のおいしいふりかけ 生まれる前から今の今までずっと絶えないbad news でもたまにはコメディ見て笑う これがgood news つまりまっすー 検討を重ねて出す結論 そう簡単に壊れない 不明瞭な未来 怖い?怖ない? また働く頭はCore i9
13.
夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな そんな夏だ 夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな どんな夏だ 百のことが頭に浮かぶよ  ノート開くか 動画つけるか 試しに窓開ければ 冷涼じゃない夜風がやってくる コンチェルトをBGMに 星が降る ゆらゆらと 黎明期の僕らは 落ち着かず こうして悩んでる "日は昇るよ" 理解はできている 夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな そんな夏だ 夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな どんな夏だ 二つの線は当分平行 どうだろうか 枕ずらすか お湯を飲むか ビスケット思い出すが消化に悪い こんな時間に食べればね Hi-Fiに浸かったら 少しはね 焦るよね 引き出しを探ったら 真心が文字化け起こすよね ずっと先の解答求めてる 容量が限られた箱の中 鳴動して反射する コンチェルトをBGMに 星が降る ゆらゆらと 黎明期の僕らは 落ち着かず こうして悩んでる "日は昇るよ" 理解はできている 夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな そんな夏だ 夜にすべり込んでみたはいいもの 眠たくないな どんな夏だ
14.
アン・ドゥ・トロワで登場 単純なトラックに飛び乗る Today's Topicはこちら 「T」 20番目の文字 とにかくトッポみたいに最後までたっぷり詰めた投稿 身につまされたら 狐につままれたら 疲れたら ティータイムにどうぞ 時は到来 トップYouTuber 東海、東大 到底到達できないがトライ 遠回りでも徒歩を止めない とりとめもない でもとめどない ただ透明な色は当然ないぜ 「大作届けたい」 永遠に途切れない俺のトロイメライ 類稀なる迫力提供 さながらTOHOのIMAX このトークショー 立て板に水 さながらTOTOとINAX タバコのTaxより高いところ目指す TASの速さでタスクこなす 単調でも楽しさを足す タンスに貯めた宝取り出す 俺の鉄板のテンポ 食べログで定評 定着するテレコミュニケーション 常にタレコミに警鐘 探偵のように丹念に丁寧に適当な情報のトリック解く 俺と釣りサムネイル 敵対的 まるでトランプとTikTok ときにはタラちゃんみたいに踏襲するテンプレート 他方、ときどきチューニングずらし作り出すテンペスト ラップもパンクも食べてみる 8 Mileと10-FEET 俺の哲学は天地無用 天才から転身 てんちむ yo とどのつまり トドの集まりのように叫びながら ToDo潰し あがいてく だがそれが尊いし大切 タルタルとタツタのタッグを堪能したらまた立ち上がる This is 俺の語り口だ だってTaniguchiはTaniguchiだ (トートロジー)
15.
みなさん Comment allez-vous? ご飯食べる前に聞いて ここが夢への出入り口 見せますか俺のデイリールーティン (谷口は… あ、言っちゃった!) 大丈夫 SHOWROOMオーディションじゃないから 名乗れ谷口 幾多の楽器に導く御茶ノ水橋口 サウンドはアッパークラス タモリ倶楽部ならジャンパークラス 圧迫する奴 邪魔する奴は 野鳥の会ばりにカウンター食らう ニャンちゅうの後ろ 本棚のフムフム ミッキーみたいに経験をツムツム 飛び出す韻 ワニワニパニック 鬼に金棒 WANIMAにパーティー YouTubeと同じイニシャル ヒップホップと同じ誕生日 さだめに従い今日も音と映像をアップローディング みんな元気?私はまずまずの調子です さて今夜私がいただくのは皆さんの手拍子です 最小限に低減 ディスコミュニケーション 生命体に提言 ディスコミュージックステーション 私が電脳のディベロッパー Get up! 加速度ドドンパ シラブル並べる (Aw!) 伸び悩んでる モッツァレラ憧れるチェダーチーズ でもいつかきっと伸びるよ まるでイチローのレーザービーム 手探りの盲牌状態 近づきすぎると暗い灯台 哲学ない奴 お断り 壇蜜よりも強いおこだわり 玄関のアブラゼミのように 暴れる危なげに ハードな韻 鉄とプラスティック 探り当てるベストプラクティス 歌えば加速 体があたたまる これスーパーキノコで連打 ヤヤヤヤ ヤヤヤヤ フゥー 廉太郎にピエール 音楽ジャンルは多岐にわたる 博士や博士のように研究 葉加瀬や白紙のように学ぶ どれだけ立派なことをやっても評価は人によりけり なら自分のチョイス 大切にする そうだろエンドリケリ 最小限に低減 ディスコミュニケーション 生命体に提言 ディスコミュージックステーション 私が電脳のディベロッパー Get up! 加速度ドドンパ シラブル並べる (Aw!)
16.
MADAMADA 01:47
バトエンでもないのに俺のpencil戦闘態勢 そろそろ開催 言葉とビートの結婚会見 ヘネシーへの憧憬 ただ天然水でもOK 全然Wi-Fi弱いけど酌み交わそうぜ 踏みならそうぜ マイクのコード繋いだらタイトルコール 最&高 扁桃腺と前頭前野とエトセトラが連結 電池入れて エンジンかけ 先陣切って 詰めてく一手 韻の一点張りBitte! ひょっとしてビビってる? イッテルビウムみたいに高貴 有頂天 三谷幸喜 頭の中のパンケーキもガーベージもサルベージ 当社のオーバーテクノロジー 虫眼鏡を放り出す鑑定士 パルプに刻まれたパルプンテのように予想不可能 このショー 四つの寮には属さない 未分類 身震いさせる魔法 特訓するケの日 いつもそこにケノービ 背が伸びるまでは背伸び 生み出し続けるメロディー Bikkleもびっくりの栄養 ピラティス受けたみたいに健康になる 俺と音がコンビになるともはやコンビナート ウェルカム 埋めるキャズム メルカリで売れぬラップ ウェブカメラに映らぬエルマーのような冒険 フェルマーの証明のごとく足りてない余白 でもフェルマータ挟まずにまたバリバリ飛ばす レミから繋がりファソラシド トライセラトップスのような角 立ったキャラクターありをりはべり 打ち勝っていく 有吉の壁に 上沼恵美子みたいにおしゃべり バリスタみたいにこだわる マメに 加速していく一日のスピード 一丸となって調整していくピント 腕につくのはブルガリじゃなくてこぼれたブルガリア こぼれてくる涙 時間感覚狂わした それでも来る明日 子どものころクリスマスに鳴らしたハンドベルの中アンドロメダ その忘れ物ならとってきた それ持ち込んだこの六畳の部屋 ハートにしみるこの不景気 さかむけにしみる消毒液 その中でリスナーと音 接着するフエキ Check it 俺はまだまだ書くよ 宿る言霊がこだまする ただまっすぐ歩く エナジー最大化するargmax

credits

released September 7, 2020

all tracks written, produced, and mixed by MC Taniguchi

license

all rights reserved

tags

about

MC Taniguchi Tokyo, Japan

自宅で音楽を作っています。(ラップなど)

contact / help

Contact MC Taniguchi

Streaming and
Download help

Report this album or account

If you like MC Taniguchi, you may also like: